検査について よくあるご質問

低血糖は、人にとって適正な血糖値(80~140くらい)を保てず、空腹時や食後数時間、あるいは重症の方の場合は不定期の時間に血糖値が低下して、ぼんやりしたり頭痛や吐き気などを感じる状態のことです。
甘いもの・糖質を過剰に取り過ぎて、血糖値を下げるインスリンの過剰放出によってあとで血糖が下がる「反応性(機能性)低血糖」や、副腎疲労やその他の理由によって常に血糖値が低い「無反応低血糖」や、血糖値が異常に上がったり下がったりを繰り返す「乱高下型低血糖」など、いろいろなパターンがあります。

食事、睡眠、精神の状態などを見直して治療することをお勧めいたします。
→問診・カウンセリング、栄養採血、生活習慣改善を行ないます。

はい。栄養療法は、カウンセリングを重視しておりますので、お時間をいただく場合が多く、予約制とさせていただいております。

お電話またはホームページのお問い合わせフォームよりご予約お願いいたします。

特に土曜日の予約が混み合っており、ご迷惑をおかけいたします。

 

私たちの身体は60兆個の細胞でできています。その細胞の中を検査することはできませんが、体中を巡っている血液を多項目で検査することにより、病態を推測することができます。

特に、普通の採血では問題ないと言われている場合でも、栄養学的採血によって蛋白質やビタミンミネラル、ホルモンなどの偏りを見つけ出すことがあります。

慢性疲労、うつ、パニックなどの精神疾患、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの皮膚疾患、月経前緊張症、更年期障害や不妊症などの婦人科のトラブルなどの多くに、栄養の偏りが見られます。

ぜひ採血検査をお勧めいたします。