栄養療法ってなんですか

私たちの身体は、60兆個の細胞でできています。

細胞を作り、機能を維持するために必要なのは口から入る栄養です。蛋白質やビタミン、ミネラルなどの栄養によって、私たちの脳細胞、ホルモン、髪、肌等が作られています。

偏った食事による栄養欠損・精神的ストレス・放射線や紫外線・着色料・保存料などによって細胞がダメージを受けることで「病気」のもとになります。慢性疲労・うつ・肌のトラブル・肩こり・冷えなど様々な症状を引き起こします。

栄養状態を採血などで検査し、併せて食事の偏りなどを改善します。

必要に応じてビタミン・ミネラルや乳酸菌(腸内善玉菌)をサプリメントや点滴で補充し、身体に有害なもの(保存料や、着色料、重金属など)の摂取を避け、デトックスします。

このようにお薬を使わずに自然治癒力・免疫力を高めていく治療を

オーソモレキュラー=分子栄養療法 といいます。

食べ物を見直して、健康な体を手に入れましょう。