どうして採血が必要なのですか

私たちの身体は60兆個の細胞でできています。その細胞の中を検査することはできませんが、体中を巡っている血液を多項目で検査することにより、病態を推測することができます。

特に、普通の採血では問題ないと言われている場合でも、栄養学的採血によって蛋白質やビタミンミネラル、ホルモンなどの偏りを見つけ出すことがあります。

慢性疲労、うつ、パニックなどの精神疾患、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの皮膚疾患、月経前緊張症、更年期障害や不妊症などの婦人科のトラブルなどの多くに、栄養の偏りが見られます。

ぜひ採血検査をお勧めいたします。