αリポ酸点滴治療

αリポ酸

αリポ酸はにんじん、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜やじゃがいも、レバーなどに多く含まれています。体内でも産生され、ミトコンドリアの活性化、がん細胞の死滅化(抗がん作用)、免疫力の向上、強力な抗酸化作用、抗炎症作用、解毒作用、肝機能の改善、インスリンの働きをよくする、アンチエイジング効果などがあります。

また新陳代謝を促進し、体脂肪の増加抑制による痩身や冷え・むくみの改善などに用いられたり、水銀などの重金属を体外に排泄するキレーション効果も認められています。

このような方にオススメ

肉体疲労、がん(各臓器、原発・再発・転移)、全身倦怠、肝機能の改善、動脈硬化、糖尿病、冷え性、肥満、美肌、アンチエイジング目的

点滴療法の流れ

初診時には、患者様の治したい症状やご希望、治療の指針のために必要な問診票の記入を行っていただきます。その後、医師による約10-15分の問診、点滴の決定を行ないます。治療内容や費用などの説明を受け、十分に納得されましたら治療同意書にサインをいただきます。あわせて栄養学的採血などを行なうことも可能です。
症状に合わせ、αリポ酸点滴を約30分かけて点滴します(量によって変更します)。血管痛がある場合は点滴速度をゆっくりにします。
点滴時に必ず行なわなければならない検査はございませんので、初診日から点滴可能です。
高濃度ビタミンC点滴と併せて行なうこともお勧めいたします。

料金

αリポ酸点滴 料金(税込) 点滴時間
αリポ酸 300mg ¥6,740- 約30分
αリポ酸 600mg ¥7,390- 約30分

※初診時には点滴代の他に初診料が必要です。

点滴の頻度について

ガン:可能であれば最初は連続して点滴することをお勧めします。少量から開始しその後増やしていきます。大抵は週に2回を目安にします。
副腎疲労・慢性疲労:1週間に1回 落ち着いたら1~2週間に1回
アンチエイジング:1~2週間に1回

お勧めの投与頻度は、症状に合わせて変更致します。基本的には週に1回~10日に1回の頻度で、10回くらい続けます。症状のひどい時は連日投与することもお勧めです。所要時間は投与量によって変化しますので、お問い合わせください。

点滴療法ではリラックスしていただく目的もありますので、どうぞごゆっくりお過ごしください。

副作用について

αリポ酸のサプリメントで低血糖(震え、吐き気、眠気など)を起こした症例が報告されています。それはインスリン自己免疫症候群と言って遺伝的なものですので、何回か続けて行なったから誘発されるものではありません。
また、個人差がありますが血管痛がみられる場合があります。その場合は点滴速度をゆっくりするなどの対応をいたします。

詳しくは当院スタッフにお問い合わせください。